ビール券を贈るメリットとは?様々なシーンで活躍するギフトです

ビール券は多くの場所で購入する事ができます

ビールとケーキ

ビール券をギフトで贈ろうと思っているものの、どこで購入したら良いのか分からないという人もいるかも知れません。普段お店でビール券の販売を見かける事は少ないので、どこで購入したら良いのか分からないというのも当然です。では、どこでビール券を購入できるのかという事ですが、意外にも多くの身近な場所で購入する事ができます。
ビール券を購入できる場所で最も身近な場所という事でしたらコンビニがあります。全てのコンビニでビール券を取り扱っているわけではありませんが、お酒の取り扱いがあるコンビニであればビール券も取り扱っている可能性が高いです。似たような場所としては、スーパーがあります。やはり全てのスーパーでビール券を取り扱っているわけではありませんが、コンビニ同様お酒の取り扱いがあればビール券も取り扱っている可能性が高いです。
また、インターネットで購入する事も可能です。デパートのインターネットギフトなどで取り扱っている事が多く、お歳暮やお中元としてはもちろんの事、色々なお祝いの際の贈答品として人気となっていますので、多くのデパートなどのインターネットギフトサイトで購入する事ができます。遠くの人にギフトとして贈る際はインターネットギフトサイトの利用がおすすめです。

お酒を飲める人へのギフトとして人気なビール券

ギフトを贈る必要があるという場合に、何が良いのか悩んでしまって多くの時間を使ってしまったという経験がある人も多いのではないでしょうか。ギフトは相手の好みに合わないと喜ばれない事も多く、場合によっては迷惑だと思われてしまう事もあります。その為、ギフトを選ぶのに苦労するという事はよくあります。次回からそういった時におすすめなのがビール券です。
ビール券はギフトを贈る相手がお酒を飲める事が前提ではありますが、銘柄を指定したものでなければ相手が自分で好きなビールと交換する事ができます。ですので、相手が迷惑に思う事が少ないです。券ですので保管しておく場所もわざわざ確保する必要はありませんし、多くの場所でビールと交換する事ができますので相手に大きな手間を掛ける事にもなりません。そういった事から、ビール券は非常に優秀なギフトと言えます。
また、ビール券は一枚からギフトとして贈る事ができますので、予算に余裕がない時にでも問題はありません。逆にたくさんのビール券をギフトとして贈る事もできますし、どのような場合でも役立ってくれる万能の券です。少額でも贈る事ができるギフトという事で父の日や母の日のギフトとしても人気です。

意外と知らないビール券の便利な使い道

ビール券とはビールが購入できる金券です。全国酒販共同組合連合会が発行していて、百貨店や酒販店などで購入できます。昔からあり、知らない人はあまりいないでしょう。
ビール券の使い道としては、「何かをお礼に贈りたいものの相手の好みがわからず、下手に現物を贈ってもかさばって迷惑をかけてしまうかもしれない」、そんな時に使います。ビール券はごく一般的なギフトカードにならんで贈呈用に重宝されてきました。現在はビール共通券と呼ばれ、各社が販売している銘柄のビールと交換できます。交換は全国の酒販店・ドラックストア・コンビニエンスストアなどで使えます。
ビールには賞味期限がありますので、好きな時に新鮮な物に交換して、美味しいビールを飲むことができる利点があります。気を付ける点は、旧券と新券で価格が違うものがあること、交換するビールの合計金額などです。額面を超過すれば、ビール券との差額分を請求されて差額分を支払う必要があります。有効期限も設定されていますので注意が必要です。
そして、もう一つの使い方は金券ショップです。金券ショップによっては、ビール券を現金化してくれることもあります。ビール券をもらったものの飲酒の習慣が無い、そんな方がビール券を有効利用したい時におすすめです。

このように様々なメリットがあるビール券を贈る際には『京王ネットショッピング』などの通販サイトをうまく活用しましょう。贈答品取扱いのノウハウ豊富な百貨店系列の通販であれば、ラッピングなどにも融通が利きやすいので非常に便利です。

ピックアップコンテンツ

ビールとおつまみ

ビール券をプレゼントするメリットと注意点

普段お世話になっている人へのプレゼント選びは、迷ってしまうことが多いものですが、ビール券という選択肢を加えることで、ギフトの幅が広がる…

MORE